かいだんのーと

のーとの主の備忘録とか、やってることとか。

MS LearnをOracleDB資格勉強に役立ててみた

お久しぶりです。
現在、業務上必要な知識としてOracleDB管理者の登竜門、「ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c」の資格の勉強をしております。

最終的には手元環境があったほうがよいのですが、とっかかりだけでよければMS Azureの勉強用サイト「MS Learn」のOracleDBの構築ページで建てられる環境が非常に有効だったので紹介します。

※この記事で紹介している環境にはGUI環境ツールにアクセスできないなどの制約事項(後述)があります。
勉強用の環境を準備する間の繋ぎ、OracleDBに触ってみたい、という場合向けに一時的に利用する場合にお役立てください。


■構築にかかる時間■
・最大1時間程度(慣れていれば20分程度)

■使うもの■
サンドボックス環境にアクセス可能なブラウザ
マイクロソフトアカウント
・MS Learn「Azure VM での Oracle データベースの作成」のページ
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/workloads/oracle/oracle-database-quick-create

■あるといいもの■
Oracle資格白本(DBA)
https://www.amazon.co.jp/dp/4797375426/ref=cm_sw_r_tw_awdo_c_x_SFl1CbDGEJCF2

■構築方法■
MS Learnのページに従ってコマンドを実行していくだけです。
クレジットカード登録不要のAzureサンドボックス環境に以下を作成可能です。

・リソース
VM(ソフトウェアインストール済)
・データベース

※白本の2章にある、インストールウィザード以外の工程を実機で確認することが出来ます。


■構築すると見ることができるもの(一例)■
環境変数
Oracle EM Express 各ページ
ユーザー作成や権限付与も可能。
初期化パラメータやUNDOの設定を見たりも。

DBA白本を片手にEMExpressの実機パラメータを例としてみたい場合には非常に有効だと思いました。

■制約事項■
①EMExpressだけは使える
ツールでアクセス可能なことを確認しているのはWebブラウザベースのEMExpressのみです。
コンソールからGUIで立ち上げるもの(など)はエラーが返ります。

②数時間で消える
MS Learnのサンドボックス環境はAzureへの登録不要で利用できますが、代わりに時間制限があります。
利用終了の際には最下部にある「リソースの削除」まで行っておくのがよいかと思います。

■終わりに■
MS Learnは本来的にはAzureの各機能の勉強用サイトとなります。
基本となるVMの作成からBot稼働や音声解析など、Azureの様々な機能に手軽に触れることができます。
(建てた先のOSに触れることも出来ますので、OSの各機能を見てみたいという場合も今回と同じやりかたで有効かも?(未検証))

何度でも言いますが、クレジットカードの登録は不要です。
よければどうぞ。

※実機を作成する場合、Oracleのライセンス規定を調べきれなかったので手元環境はローカルのHyper-Vに建てております。。。

SQL対策だけなら以下サイト紹介の『Oracle Live SQL』もオススメです。
http://everything-you-do-is-practice.blogspot.com/2018/11/oracle-sql.html?m=1